MENU

ファクタリング手数料の相場はいくら?

 

ファクタリングの相場は取引条件によってかなり変動しますが、5%~20%が相場と言われています。※手数料を安くするコツは後で詳しく書きます。

 

 

既にファクタリングを利用したことのある人なら分かるかもしれませんが、場合によっては手数料が数十%になることもあるので、「ファクタリングって詐欺なんじゃ?」と思ったこともあるかもしれません。

 

特に2社間ファクタリングの場合は、取引先に債権の売却をしたことを知られる心配がない代わりに、10%~30%もの手数料となってしまうことがあります。

 

なぜこのように高いかというとこれはキャッシングではなく、債権の売却だからです。

 

ファクタリング詐欺

 

例えば持っているゲームや本を売却したとき、思っていた以上に安かったということは珍しいことではないですよね。

 

見た目はほぼ新品なのに、買った時の20%程度の値段にしかならなかった・・・なんてこともありました。それは人気がないゲームだったためです。実はファクタリングも中古の所有物を売却していることと一緒ですので、このように高い手数料となってしまうのです。

 

取引先の信用力が、この場合の「人気」に該当します。信用の高い取引先からの支払いであれば高く買い取って貰えるのです。

 

 

 

 

中には闇金などの悪徳業者が言葉巧みに勧誘してくることもあるので注意しましょう!

 

ファクタリング悪徳

 

 

のちのち契約条件が当初の話と違っていることもありますので、取引をする場合は専用業者がしっかりとした営業許可を得ている会社かどうかチェックしておかなくてはなりません。

 

 

3社間での取引となった場合、取引先は支払日に専用業者へ振り込むこととなります。2社間のファクタリングと比較すると、低めの手数料となりますが、取引先にファクタリングの事実を知られてしまうので、御社の信用度に関わって来ます。

 

厳しい選択ですが、手数料と将来性との兼ね合いで検討すると良いかもしれません。

 

 

償還請求権に注意しよう!

 

ファクタリング手数料を決める大事な要素に、『償還請求権』アリとナシの二種類があります。

 

償還請求権アリ

償還請求権アリは、銀行などの金融機関やノンバンクのクレジット会社などが扱うファクタリングの方法で、売掛金を担保にするものであり、保証人や担保設定が必要になってきます。

 

償還請求権ナシ(ノンリコース)

償還請求権ナシでは、万が一ファクタリング業者と契約してから、売掛金がある得意先が倒産してもファクタリングを依頼した御社に責任が及ばず、支払い義務が発生しません。ナシは早期の資金調達とリスクの低減も図れる方法なのです。

 

ファクタリング償還請求権

 

 

『ナシ』で契約すれば御社のリスクは限りなく0に近づきますが、お気づきの様に手数料が上がってしまいます。

 

しかし、『アリ』で契約すると思わぬ請求が回ってくる可能性もあるので、ファクタリングに契約する際には償還請求権アリとナシに充分注意して下さい。(こちらも手数料とリスクとで検討が必要です)

 

 

上記のように、ファクタリングは『2社間』『償還請求権』の選択、さらには取引先の『信用力』手数料が変動します。

 

買取り希望金額によっても変わるので、手数料が気になるのであれば一度見積りを依頼してみると「明確な判断材料」ができ、実施するか比較検討できるのでオススメです。

 

私も利用させて貰っていますが、親切で安心できる会社ですよ。

 

⇒ ファクタリング手数料のお試し見積り

 

 

ファクタリング手数料と事業融資の金利、損しないのはどっち?

 

自営業や小規模の会社を経営していると、どうしても資金繰りに困ることはありますよね。

 

例えば従業員の給料の支払いや、地代家賃光熱費、接待などの交際費、交通費、保険など。仕事をこなしていても、すぐにお金が入ってくるとは限りません。場合によっては請求書を出して数か月先になることもありますので、その間はなんとか食いつなぐ必要があります。

 

ファクタリング手数料と金利

 

 

そこで検討できるのがファクタリング事業融資なわけです。どちらもお金を割と短期間に手にすることができる助け舟ですが、実はしっかりと検討してから選ばないと、あとあと損してしまうこともあるのです。

 

 

融資の場合は金利に上限が設定されています。100万円以上の融資であれば年利15%以下となります。ファクタリングの場合は高いと30%近い手数料を取られてしまうことも。。。。

 

特に私のような個人経営者の取引先ともなれば、それほど知名度が高いわけでもなく信用力で見ても高くありません。そうした場合は手数料が高くなる傾向があり、契約を躊躇ってしまうことも。それも2か月程度待っていれば全額入る予定だったものの場合、年率換算すると180%もの暴利だということがわかります。

 

 

しかしそれでも支払いなどでお金がすぐに必要な場合、検討しなくてはならないこともあるでしょう。

 

もしローンの契約をすることができるのであれば、ファクタリングよりも事業融資のほうが金利では安いはずです。しかしローンは審査が厳しいため、なかなか希望通りに事が進むとは難しい^^;

 

 

「そもそもローンの審査が通らないからファクタリング検討中なんだよ!」

 

という声が聞こえて来そうですが、ファクタリングは「取引先にバレない」「借金ではない」など融資や取引きを受ける際に有利になる場合もあるので、金利面だけでない検討の余地もあるかと思います。

 

 

安心して依頼できるファクタリング業者はココ!

 

最後に、ファクタリング手数料で失敗しない為の3つのポイントについてまとめます。

 

2社間と3社間。どちらの取引にするか

 

償還請求権はアリかナシか

 

手数料を無料診断で把握する

 

 

以上のことを踏まえた上で、売掛債権を即現金化して資金繰りを改善しようと思っている御社に、お勧めしたいファクタリング会社は『資金調達のキュッパ』です。

 

数多あるファクタリング業者の中で推奨する理由としては提携事業者数トップの安心感、全国対応でファクタリングの割引率などを考慮した掛け目の無料診断が受けられるからです。

 

事前に無料診断しておくことで、思った以上に割り引かれてしまい「こんなはずではなかった・・・」というような失敗がなくなります。

 

ファクタリング無料診断

 

 

まずは、ネットでのあなたの持つ債権の大きいところから数社を選択しファクタリング手数料の無料診断をしてもらうことをお勧めします。

 

何より、資金調達のキュッパはファクタリング業界でもトップクラスですので、複数社に自社の資金繰りをバラスよりも1つのところに絞って見積りをとり、その上で他社へ依頼するのか、断られている銀行へ頭を下げてみるのか考えてみるといいでしょう。

 

 

但し、これはほぼ確定的に言えることとして、銀行はいくら金利をアップしても融資してくれるとは考えずらいです。長期、短期での運転資金であっても銀行としても枠を持っていますので、プロパーなんて飛んでもないですし、おそらく保証会社付き融資も保証会社への担保も枠を使い切っていることが想像できます。

 

 

融資まで時間がかかっても大丈夫なのであればよいですが、緊迫しているのであれば悠長なことはせず、ファクタリングを利用しての資金繰りを組み直しを考えることが会社にとって最良の方法であると言えるでしょう。

 

⇒ ファクタリング手数料の無料診断を試す

 

 

弊社のファクタリング体験談

 

ファクタリングは日本ではまだ一般的ではありませんが、建設業や病院・介護施設などでは当たり前に利用されており、今後も確実に増えていく傾向にあります。

 

 

ファクタリング体験談

 

弊社でも取引先の入金が遅れ、資材費が調達できずに資金ショート寸前まで追い込まれました。

 

銀行にもノンバンクにも断られ途方にくれていた時、「売掛金を即現金化できる」ファクタリングの事を知り、ワラにもすがる思いで無料診断を試してみたんです。

 

結果、712万円の売掛金を1日で現金化する事に成功!お陰で仕入れも間に合い、従業員の給料も遅れずに支払う事が出来ました。


 

本来ならば売掛債権は放っておいても期日には資金化できるもので、それを高い手数料を払ってでも早期に資金化しなくてはならないのは、『経営状態を悪化させるのでは?』と否定的な意見もあるようです。

 

 

しかし私はファクタリングのお陰で窮地を脱し、現在は販路も拡大できて経営も安定期に入っています。

 

銀行も組合もノンバンクも頼りにならない今、自社の力で難局を乗り切るには一番の方法だと私は確信しています。

 

⇒ 弊社が利用したファクタリングの無料診断