MENU

ビジネスローン、審査が甘いのは危ない

企業が事業運転資金のショートという事態に陥ってしまった場合、銀行のビジネスローンや商工ローンなどに申込み、資金繰りをすることができます。

 

しかし、事業運転資金のような大口の融資の場合、当然審査も厳しくなるため断れてしまうことも少なくありません。

 

 

また、仮にビジネスローンなどで借入を行うことができたとしても、ほとんどの場合が即日融資には対応しておらず、今すぐにつなぎ資金を用意しなければならないような状況にあると、『融資実行前に倒産してしまう』ということも考えられます。

 

ビジネスローン審査甘い

 

 

金融業者側としても、金利という収益を得ることができる反面、貸し倒れというリスクもありますから、甘い審査で通りやすい基準にすることは不可能なのです。

 

残念ながらどこのビジネスローンの審査も厳しいものであり、甘い審査で貸してくれるような金融業者はありません。

 

 

もしそのような業者があったとしたら、詐欺の可能性が非常に高いため、お金を借りることができても法外な金利を掛けられ、倒産するまでずっと高い金利を払い続けなければならない、という事態を招くことになってしまうかもしれません。

 

もし、ビジネスローンに融資を申込み、審査で断られてしまった場合にはファクタリングの利用を検討することをお勧めします。

 

 

即日融資ならやっぱりファクタリング

 

ファクタリングの最大のメリットは急に資金が必要になった時、得意先に売掛金債権さえあれば最短1日から2日などの即日融資が可能と言うことです。

 

銀行や消費者金融に行っても事業資金としての融資は、簡単には実行してくれません。

 

 

個人で消費者金融から即日融資を受けるのであれば可能かもしれませんが、会社の場合は、事業資金としての融資になってしまうのでビジネスローンなどで借りないと、借入希望が多額の場合は審査も通しきれないでしょう。

 

ビジネスローン即日融資

 

 

この場合は審査も時間がかかるので即日資金調達はできません。

 

ファクタリングは資金調達の方法ですが厳密には融資を受けるのではなく、売掛金をファクタリング会社に売却して資金を調達する方法なので、回収する売掛金に対して一度きりの手数料の支払いで済むのです。

 

 

ファクタリングには、得意先に承諾してもらう『3社間」』と、得意先に通知しない『2社間』の二種類があり、得意先が倒産してしまった場合に返済義務のない『償還請求権なし』と、返済義務のある『償還請求権あり』があります。

 

2社間では通常、債権譲渡登記はしませんが必要になるケースもあるので見積りの段階でファクタリング業者に確認しておいた方が良いです。審査をスムーズに進めたいのであれば、債権譲渡登記を進言するのも一つの戦略になります。

 

 

>>ファクタリング手数料の相場って?失敗しない3つのポイント TOPへ