MENU

ファクタリング手数料が安い業者はどこ?

ファクタリングは手形とは違い目に見えない債権(売掛金)を債権化し、通常であれば期日に入金されるものを期限より早く現金化するために出来た仕組みです。

 

ファクタリング手数料安い

 

ファクタリング業者はこの目に見えない債権を売掛金を持っている企業から買取するわけですが、通常30日から90日程度の売掛債権をいかにして買い取るかにより、手数料は大きく違ってきます。

 

売掛先の査定をする担当者によっても手数料が変わってくるでしょうから、一概にどこの業者の手数料が安いかといった議論は難しいところです。

 

 

なので、ファクタリング手数料が安い業者を判断する一番簡単な方法は、相見積もりを取ること。引っ越し業者や車査定なんかと同じで、複数のファクタリング業者に見積りを出して貰い、一番手数料の安い業者にファクタリングして貰うのがオススメです。

 

⇒ ファクタリング手数料が安い業者一覧

 

 

手数料の安い3社間か、高い2社間か?

 

1つファクタリング手数料を決める上で重要な分岐点になるのが、「2社間と3社間どちらの取引にするか?」です。

 

2社間ファクタリング手数料

 

 

3社間ファクタリング

3社間とは御社、取引先会社、ファクタリング業者の3社で、全てが割引を認識している状況でファクタリングが行われます。取引先がファクタリング業者に振り込むことになるので、リスクが減るため手数料が安くなりますが、御社の信用度は下がってしまうでしょう。

 

2社間ファクタリング

一方、2社間とは取引先企業には黙って売掛債権を割り引き現金化する手法です。手数料は大きいときで20%ほどになることも珍しくありません。当然、2社間はてすうりょうが高いですが、取引先からの信用を失わずに済みます。

 

 

考えてみると、今の不景気どこの企業も資金が潤沢ではありません。

 

そんなときに手形なら割り引けますし、銀行から借り入れできる範囲までは借り入れます。最後に売掛金を割り引くわけですが、もっと取引会社間との関係を良好にし、せめて3社間取引に持っていければお互いに得が出来るわけです。

 

3社間ファクタリング手数料

 

 

ファクタリング業者も2社間、3社間で手数料を稼ぎたいわけではありません。全てが協力的であれば、全ての会社がリスクを少なく、現金も少しでも多く手にすることが出来るわけですから経営トップは相手との関係をもっと親密にし苦しい懐具合も共有して取引することで共存共栄を図る努力が一番の経費削減になるはず。

 

というのが私の儚い理想郷であります^^;

 

 

ファクタリング手数料が安い業者一覧

 

安心して取引が出来るファクタリング業者の中でも、手数料が比較的安い(というか柔軟に対応してくれるので交渉の余地がある)業者を3社ピックアップして紹介します。

 

先程書いた通り、複数社に見積りを出しても貰って、手数料以外の条件も含めて御社にとって一番良いファクタリング先を見つけて頂ければ幸いです。

 

 

資金調達プロ

売掛金100万円~3億円まで対応してくれる、中大規模向けのファクタリング業者。
手数料3%~

 

個人事業主でも売掛金が100万円以上があれば相談に乗ってくれるスピード対応のファクタリング会社です。(2社間取引を希望であれば、「売掛先への通知」でNGを選択して下さい)

 

⇒ 資金調達プロの10秒診断はこちら

 

 

ファクタリング東京

売掛金10万円から対応してくれる、小額債権買取が嬉しいファクタリング業者。
手数料5%~15%

 

もちろん即日対応も可能で、個人事業主にも優しく審査も柔軟でオススメです。

 

⇒ ファクタリング東京の無料相談はこちら

 

 

JTCファクタリング

こちらも最短即日対応の大手ファクタリング業者。売掛金は100万円から。大規模な会社なので、他社との手数料を比較するのに良いです。

 

※個人事業主は対応してくれません。その分、法人であれば相談の余地はあるでしょう。

 

⇒ JTCファクタリングの無料相談はこちら

 

 

>>ファクタリング手数料の相場って?失敗しない3つのポイント TOPへ