MENU

ファクタリングを個人事業主が契約する方法とは?

ファクタリングを個人事業主がやるには法人よりも信頼性が大事で、厳しい審査を通過しなければなりません。

 

ファクタリングは個人事業主でも契約可能ではありますが、一般的なファクタリング業者からみるとあまり歓迎されない理由が3つあります。

 

①個人事業では事業規模が小さいので売掛金の額が低い

②継続的に売掛金が発生しない

③売掛債権の回収サイクルが長い

 

⇒ そんな中でも即日対応してくれる業者がココ

 

 

ファクタリング個人事業主

 

一回の契約でより多くの利益を上げたいと望んでいるファクタリング業者は、できれば最低でも100万円以上の利益が欲しいと考えています。

 

 

この観点から見ても多額の売掛債権を有しない個人事業者は、例えば「早急に100万円以上の資金が必要で、ファクタリングで資金を調達したい!」と思っても、難しい場合が多いことを実感しています。

 

「個人事業主は、資金繰りが悪化して銀行や消費者金融などで融資を断られている場合も多く、倒産する危険も高いためより厳しい審査になる」と、ファクタリング業者の審査担当に言われたことも^^;

 

 

ファクタリングを個人事業主が契約をするには、いかにファクタリング業者からの信用が得られるかで決まります。

 

仕事にかまけて契約書類の準備が遅かったり、面談の時間に遅れたりしたのでは余計に信頼を失い審査に通らず、資金調達できなくなってしまうのです。

 

 

信用度が低いと、ファクタリング業者のリスクが上がるのでそれだけ手数料も高くなる可能性が高いですが、ファクタリングで一番見られるのは『取引先の支払い能力』なので、複数の業者に相談をすれば契約できる可能性も0ではありません。

 

 

個人事業主でもOKなファクタリング業者はココ!

 

個人事業主が借り入れをするのは非常に難しいのが現実です。

 

特に難しいのは親の代から続いている会社ならこれまでの銀行との取引等実績がありますから、2代目になってもこれまでどおり銀行融資をしてもらえる可能性は残ります。

 

 

但し、現状は代替わりのときに融資が切れることも珍しくはありません。個人事業主とはその名の通り、社長の人柄で成り立っていることが多い為、代替わりで2代目になっても今までどおりというようにはいかないケースもあります。

 

ファクタリング個人事業主審査

 

 

個人事業では9割がたが現金取引であり、その債権は売掛金・買掛金となっており、入金・支払いのサイクルどおりに回っていくわけですが、ノンバンク等でビジネスローン、最終的には法外な違法闇金に駆け込むのが最悪なパターンです。

 

こんなとき、売掛金をファクタリングして現金化することが出来ればどれだけ助かるでしょう!

 

 

しかし先程書いた通り個人事業主を受け付けていないファクタリング業者も多いので、早めに契約可能な会社を見つけて見積りを取る必要があります。

 

私が知る限り、個人事業主でもファクタリングが可能な業者は2社です。

 

資金調達プロ

 

ファクタリング東京

 

 

この2社は取引業者数もトップクラス、又全国に対応していますので、ヤミ金に行く前に債権先の調査をしてもらうだけでも手数料がお得です。

 

どれだけ自社の経営が厳しくても買い取る債権の会社が優良であれば、銀行融資を断られた個人事業をしている私でも現金化することが可能でした。今後も手形は少なくなっていく傾向にありますので、ファクタリング業者の出番が増えることが推察されます。

 

 

その際、どのファクタリング業者を選ぶかが非常に重要になってきます。もちろん手数料だけを見るのもいいですが、資金調達プロやファクタリング東京のように条件面などでも柔軟に対応してくれる会社を選択するのが賢い選択であると言えます。

 

 

>>ファクタリング手数料の相場って?失敗しない3つのポイント TOPへ